バイク関連記事

バイク初心者におすすめの中型バイクランキング

第5位 スズキ Vストローム250

Vストロームはスズキを代表するアドベンチャータイプのバイクになります。

シリーズとしては、250ccからリッターオーバーまでラインナップがあります。

車体自体は大きいものの、車両重量の軽さや取り回しのしやすさなど女性ライダーでも扱いやすいバイクになっています。

積載性にも優れていることから、ツーリングからキャンプまでこなしてくれる相棒です。

乗車姿勢もアドベンチャーバイクなので、背筋が真っすぐ伸びて操作性も良く、長距離でも疲れにくいです。

カラーリングもカラフルなものも多く親しみやすいバイクになっています。

標準装備でシガーソケットが付いているところも、ありがたいポイントになります。

第4位 スズキ GSX-250R

GSXシリーズはスズキを代表するスポーツバイクになります。

スポーツバイクって扱いずらそう、なんて声もあるかと思いますが250Rはゴリゴリのスポーツバイクのような前傾姿勢がなくツーリングもこなしてくれる1台になります。

シート高も775mmと低めなので初心者や女性でもしっかりと地面に足が付くと思います。

そして、エンジン性能に関してもGSXシリーズだけあって、250ccという排気量に気後れすることなくエンジンもしっかりふけあがってくれます

人気車種になりますが、球数も多いため中古市場でもお気に入りの1台が見つかるでしょう。

第3位 ヤマハ YZF-R3

ヤマハのR3もスポーツバイクの血をしっかりと継いでいるバイクになります。

250ccのR25と300ccのR3が中型クラスでラインナップしていますが、もう少しパワーが欲しい、ツーリングで高速道路も快適に走りたいという方にはR3を選ぶのがおすすめになります。

シート高は780mmとGSXより少し高くなりますが、シートや車体が細めになっているので足つきにそれほど心配はないでしょう。

R3は年式によってはカラーリングがオシャレな色があるので好きなカラーリングを探すのも楽しみです。

ほとんどGSXとは性能面や走行性能の違いは大きくありませんが、YZFのフロントマスク(顔つき)も引き継いでいるため、好みによって分かれるところでしょう。

高速道路を使うロングツーリングをこなしたいのであればR3がおすすめになります。

第2位 ホンダ GB350

GB350といえばクラシカルなスタイルが特徴的のバイクになります。

最近では、カワサキのW800がクラシックバイクとして販売し、人気を博しました。

クラシックバイクは、万人受けするようなバイクではないため各メーカーも最近では販売を躊躇しているような気がしました。

現在でも生産中止になったヤマハのSRシリーズは人気があり、中古市場でも値段が高騰しているバイクの一つです。

そこでホンダが意を決してだしたGB350は、昔からのクラシックバイクのファンや新しくバイクに乗り始めたライダーまで人気を集めることに成功しています。

シンプルでありながらしっかりとクラシックのスタイルを持っているのが魅力ではないでしょうか。

ガチガチのツーリングウェアを着なくても、ジーパンにちょっとしたジャケットで乗れる手軽さとファッション性が若年層のライダーにも受け入れられるところなのでしょう。

シート高800mmで、中型バイクとしては少し高めだが、車両重量の軽さと車体の細さで初心者でも足つきに問題はなく、空冷単気筒でマイルドなエンジンは低速でも楽しいバイクです。

第1位 ホンダ レブル250

今、中型バイクで圧倒的な人気を出しているのがレブルになります。

最近では国内各メーカーではアメリカンタイプのバイクに力を入れている感じがありませんでした。

アメリカンバイクブームは90年代後半にドラッグスターやバルカンなどの車両が国内でブームをけん引していました。

それからネイキッドバイクやスポーツバイクにブームが移り変わり、また新たにホンダが意を決して出したレブルが爆発的な人気を出しています。

レブルは、豪華な装備が特別に付いているものバイクではありません。

しかし、過去のアメリカンを一新したデザイン、乗りやすい乗車姿勢や足つきの良さなど免許を取ったばかりの初心者でもしっかりバイクという乗り物を楽しむことが出来る一台になっています。

さらに、ハーレーのようなカスタム性を兼ね備えているため、自分好みのレブルを作り上げることが出来るのも魅力の一つです。

楽な姿勢で足つきに自信がないというライダーは迷わずレブルを選んで間違いないと言えるでしょう。

-バイク関連記事