ツーリングスポット

小田原~日帰り温泉と海の幸ツーリング

 

東名高速~小田原厚木道路~西湘バイパスを使い小田原漁港で新鮮な魚介類を満喫!

左手に太平洋を臨む西湘バイパス。海風を全身に感じながら走る湾岸道路は最高の解放感!

小田原出口で下りれば、すぐそこは小田原漁港。

引用:小田原漁港

相模湾で取れた新鮮な魚介類を漁港のすぐそばに立ち並ぶ海産物店で浜焼き、丼物、お刺身を満喫。新鮮な魚介類はクーラーボックスをもっていけばお土産にも最適。

小田原漁港周辺の情報

●漁港の駅 TOTOCO小田原

引用:小田原漁港

小田原漁港交流促進施設「漁港の駅 TOTOCO小田原」が2019年11月にオープン。

鮮魚、活魚及び水産加工品などの地場の水産物の販売や飲食を書くとして、地場産の農産物、土産物等の提供を行い、小田原の観光や地場産品のPRなど情報発信機能を備えた施設です。

https://www.totoco-odawara.com/

●小田原おさかな通り

港の周辺の「おさかな通り」には水揚げされたばかりの鮮魚を扱う魚料理店がいくつもあり、グルメスポットです。

●港の朝市

その日の早朝に漁獲したばかりの新鮮な魚はもちろん、小田原名産の干物、かまぼこ、さつま揚げ、地元の野菜や果物など地場産品が沢山。

●小田原漁港                                   

目の前に広がる相模湾は、日本三大深湾の一つ、四季折々の豊富な魚種の水揚げが自慢。周辺には新鮮な海鮮料理が食べられる飲食店や、みやげ物店が多数あります。

ターンパイクを利用し、大観山でティータイム

引用:ニッポン旅マガジン

食後は漁港のそばからターンパイクに入り、大観山展望施設に向かい豊かな自然を背景にワインディングと直線を楽しめる峠RUNでリフレッシュ!速度さえ出さなければ初心者でも楽しめます。

頂上にたどり着けばそこには富士山と芦ノ湖を一望できる最高のロケーションで大観山スカイラウンジがお出迎え。店内2階の芦ノ湖と富士山の絶景を眺められるインターネット設備とパソコンが使えるカフェで一休み。

帰り際に1階の箱根物産手を覗いてみるのもお勧め。現地でしか採れない山菜やハチミツなど珍しい物産が売られています。

大観山展望台アネスト岩田スカイラウンジの情報

名称:大観山展望台・アネスト岩田スカイラウンジ

アクセス:小田原厚木道路小田原西IC、西湘バイパス箱根ターンパイク入口からアネスト岩田ターンパイク箱根(有料道路)を元箱根方面へ14km/20分、元箱根から椿ラインを湯河原方面へ5km/8分

住所:神奈川県足柄下郡箱根町

電話番号:0460-83-6591

https://www.htpl.co.jp/?p=we-page-entry&spot=64322&cat=16889&pageno=3&type=spot

芦ノ湖と富士山の大パノラマが一望でき、ながわの景勝50選にも選ばれています

蕎麦・うどん屋、ラーメン屋、カフェ、ティーラウンジ等か併設されていて、芦ノ湖と富士山の絶景を眺めながら食事もできます。朝焼けや夕陽の時間帯に合わせて訪れると、また違った光景に出会えます。

大観山から芦ノ湖を経由して大涌谷にちょっと寄り道。名物黒玉子を食す

引用:くろたまご館

大観山から下り、芦ノ湖を眺めながら周遊道路を経由してしばらく走ればそこは大涌谷(おおわくだに)」。

火山がつくり出した独特の景色を楽しめるだけでなく、散策をしたりご当地グルメが味わえる、箱根でも有数の観光スポットです。

名物は1つ食べれば7年寿命が伸びると言われている湧き出る温泉で茹でた黒玉子。

大涌谷の施設

●大涌谷くろたまご館

様々な箱根物産や黒玉子を売っています。

●極楽茶屋

ラーメン、うどん、おそば、カレーライスなどが食べられるお店で、平日もお観光客で賑う人気店です。お勧めは「赤池地獄の黒ラーメン(1,000円)」!赤いスープに黒い麺が特徴の、激辛ラーメンです。辛いけどしっかりと旨味も感じる1品。

大涌谷から箱根湯本に向かい、天山湯治郷で日帰り入浴

引用:天山湯川郷

大涌谷から芦ノ湖方面にUターン。箱根湯本に向かえばその途中に現れる天山温泉郷。

箱根の自然の中に存在する日帰り温泉がメインの複合温泉施設。

奥湯本の自然に抱かれた8000坪の敷地の中に日帰り温泉施設「ひがな湯治 天山(てんざん)」「かよい湯治 一休(いっきゅう)」、宿泊施設「逗留湯治 羽衣(はごろも)」などがあります。

日帰り入浴のお勧めは「ひがな湯治 天山(てんざん)」露天風呂・内風呂・蒸し風呂・仮眠室・休憩所・お食事処・土産物店・読書室など様々なアメニティが充実しています。ここでツーリングの疲れを癒してから帰りましょう。

天山湯治郷の情報

●〒250-0312 神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋208

電話: 0460-86-4126

●ひがな湯治 天山(てんざん)

入館料 大人 1,300円(入湯税・消費税込)

子供 650円(入湯税・消費税込)

入館受付 朝9時~夜10時 閉館11時

定休日 なし(但し12月中旬5日程度休館)

電話 0460-86-4126

-ツーリングスポット
-, ,