バイク関連記事

街乗りやツーリングも楽しめる!女性に人気のバイク(250cc)8選

バイクは見た目だけでなく疾走感や「マシンを動かしてる感」がたまらなくカッコイイ乗り物です。

せっかくなら街乗りだけじゃなく、ツーリングも楽しみたいですよね。

今回は女性にも扱いやすい、日帰りツーリングにも人気のバイク(250cc)8車種を選んでみました。

「免許は取ったものの、どんなバイクがいいか決めきれない…」と悩んでいる女性におすすめのバイクばかり。

中古車であれば、決して手の届かない価格帯ではありません。

さっそく気になるデザインを見つけてみましょう!

飽きの来ないデザイン【カワサキ エストレヤ】

引用:Bike Life Lab

クラシックバイクの定番で、パーツの一つ一つが美しい、女性にも大人気のバイクです。

残念ながら現在は生産終了していますが、カラーバリエーションも豊富なので必ず気に入ったカラーを見つけられますよ。

洗練されたデザインはクラシックタイプの中では断トツ

シート高は735㎜なので、低身長でも足つきはじゅうぶんに安定しています。

気分はオフロード選手!?【カワサキ 250TR】

引用:Bike Life Lab

ビンテージ&オフロード調のクラシックなデザインが特徴の250TR。

シート高775㎜で足つきもまずまず。

タンクからシートまでスムーズな流線型で、バイク感はたっぷりあるのにとにかくスリム、全然ごつくない。

オフロードデザインが好きな女性に250TRが人気なのもうなずけます。

同じオフロードタイプのDトラッカーはシート高が860㎜もあり、こちらは低身長の女性にはきついですね。

近未来的なバイク【カワサキ Ninja250】

街中で走っていたら必ず目で追ってしまうのがNinja250。

スポーツタイプのフルカウルがとにかくかっこよくて、こんな相棒とツーリング出来たら最高ですよね!

Ninjaに乗っているのが女性だと、なぜかやたらとステキに見えるというボーナス付き。

シート高は795㎜とやや高めなので、身長に不安がある女性は試乗して足つきの確認をしておきましょう。

長時間走行向きのクルーザー【ヤマハ ドラッグスター250】

憧れのアメリカンに乗りたいならドラッグスター250は外せません。

アメリカンの特徴はとにかく足つきが良く、安定性があること。

シートも広めで長時間のツーリングにも向いていいます。

シート高も670㎜と低く、低身長に悩む女性にもおすすめのバイクですね。

アメリカンタイプが好きなのであれば、身長関係なく第一選択になるでしょう。

男女ともに大人気【ホンダ VTR250】

観光地のパーキングや町中の路上駐車でよく目にするのがホンダのVTR。

エンジン回りのマットな質感とメカニカルなデザインは、小難しいことはわからなくても「なんかカッコイイ!」ことがわかりますよね。

うれしいのは、足つきの良さを重視したシート高の低いVTR Type LD(740㎜)も発売されたこと。

このありがたい仕様によって低身長に悩む女性ライダーのハードルがぐっと下がりました。

鋭いスズメバチ!【ホンダ ホーネット250】

引用:HONDA

現在は生産終了してしまったものの、根強い人気を誇るのがホンダのホーネットです。

タンクからシートにかけての強弱あるデザインは、まさにホーネット(スズメバチ)そのもの。

筆者はタンデム(二人乗り)したことがありますが、見た目のかっこよさだけではなく走りの安定感は今でも忘れられません。

とくにシート高が745㎜と低めなので、150㎝前半で低身長の女性でも足つきの悪さをカバーできます。

最高の足つき!【ホンダ レブル250】

引用:HONDA

比較的新しく発売されたホンダのレブルは、シート高が690㎜とかなり低いのが特徴。

足つきの良さは抜群です。

デザインはやや個性的で、色味もマットカラーがメイン。

女性らしさやかわいらしさを求めるより「渋くてユニーク」なバイクが欲しい人にはおすすめです。

レブルで注意したい点は、低身長で腕も短めの女性だと、ハンドルを握るのにめいっぱい腕を伸ばさないと届かないこと。

必ず試乗してハンドル周りの感覚も試してください。

シンプルなクラシックバイク【スズキ ST250E-type】

引用:グーバイク

女性の圧倒的な人気からは一歩遠ざかりますが、筆者が10年乗っていたバイクがスズキのST250E-typeです。

ぽっこりと丸みを帯びたタンクやシートが可愛らしく、街乗りには最適な車種。

シート高は770㎜で足つきも良好、取り回しもしやすいので女性にはおすすめです。

パワーは弱めですが、高速道路もそれなりに走れるのでツーリングも可能。

手に入りやすい価格なので、コスパはかなりいいですよ。

女性に人気のバイク「選ぶときはココに注意」

女性がバイク選びでチェックしたい点は、「足つきがいいかどうか」「取り回しがしやすいかどうか」ですね。

足つきの悪さは安定性を奪います。150㎏を超える車体は、一度かたむき始めるとぜったいに押し戻せません。

筆者は身長164㎝でシート高770㎜のST250E-typeにまたがっていましたが、両足ともバランスよくぺったりと地面についていました。安定感は抜群に良かったです。

バイク仲間の友人は身長160㎝で同じSTに乗っていましたが、足をつけるときはシートからおしりをずらして着地していました。

身長や足の長さによって安定感が変わることを忘れないようにしましょう。

もう一つ大事なのは「取り回しのしやすさ」です。

取り回しとは、エンジンをかけていない状態でバイクを手動で押したり、方向転換をしたり、狭い場所で自在に動かせるかどうかのこと。

足つきが安定していても初心者のうちは取り回しが下手なので、バイクを倒してしまうことが多々あります。

バイクを選ぶときには人気度だけではなく、ハンドル周りや車体のバランスが自分に向いているかどうかをチェックすることも大切ですよ。

どんな身長の女性にも言えますが、気になるバイクがあれば必ず試乗してみましょう。

スタッフに相談することで、より安全性の高いアドバイスをもらえます。

女性に人気の250ccはツーリングに向いてない?

女性でも扱いやすく人気の車種は、やはり軽いバイクが多いです。

排気量が250ccのバイクはパワーが弱く、車体が軽いものも多いため、高速道路にはあまり向いていません。

そもそもツーリングに向いているバイクは

①排気量が多い

②シールド(風よけ)がある

③振動が少ない

④車体が重い

といったバイク。

このようなツーリング向きバイクは女性には扱いづらいものが多いんです。

とくに250ccクラスでツーリング向きの好条件バイクを見つけることは、なかなか難しいのが現状。

筆者は250ccの愛車で片道200㎞のロングツーリングを決行し、高速道路を走ったり長時間乗りっぱなしだったりすることもありました。

その結果、車体が軽いので横風や横を走り抜けるトラックの風圧にあおられたり、時速100㎞を超えたあたりからの激しい振動に耐えたりと、なかなかハードな走行でしたね。

「じゃあ250ccのバイクだとツーリングはやめた方がいいの?」

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

ツーリングは必ずしも高速道路を使うわけではないから。

のんびり下道を走り、気になるカフェに寄ったり、美しい景色を見に進路変更したり、ツーリングってなんでもありなんです。

であれば高速道路に特化した排気量やカスタマイズをするよりも、街乗りから楽しめる250ccのバイクの方が、気軽にバイクを楽しみたい女性には向いていると思います。

運転に慣れてきたら大型免許の取得に励んでもいいですね。

人気の車種からお気に入りを見つけよう!

250ccのバイクなら快適に街乗りのほか高速道路も走れるし、ちょっとがんばればロングツーリングも可能です。

ただし、本格的に高速道路をバンバン走る予定なら、シートやフロント部分をカスタマイズするなどして、体力を削られない工夫もあったほうがいいでしょう。

女性ライダーにはハードルの低い250ccバイク、ぜひお気に入りの子を見つけて旅の相棒にしてくださいね!

 

 

この記事を書いた人

シーラカンスの道しるべ

ライター

必要な最低限のことがあれば生活できるゆるミニマリスト。
性格は真面目なせっかちさんです。
2022年、オランダ移住予定。
お仕事のご依頼はお問い合わせからどうぞ。
FP3級/世界遺産検定2級/医療系国家資格

URL:https://nanacey.work

-バイク関連記事