バイク関連記事

バイク女子必見!夏のツーリング向きファッションと4つの悩み

夏です!

ギラギラと輝く太陽の下、夏大好きバイク女子がツーリングする季節がやってきました!

山で涼むもよし、海をバックに愛車の写真を撮るもよし、あなただけの夏のツーリングを楽しみましょう。

しかしここでひとつ問題が…

「夏って…暑くない?」

って当たり前ですよね。

夏は…暑いです。車みたいにクーラーをがんがん効かせられないバイクは、気温や熱風の影響を全身で受けてしまいます。

けれど夏しか行けない、夏だからこそ楽しめるツーリングスポットもたくさんあるわけで。

今回はバイク女子が夏だからこそぶち当たる壁、夏のツーリングで回避したい悩みなどを一挙にまとめました。

・夏のバイクファッションってどんな準備をすればいいの?

・夏のバイク女子ならではの悩みって?

を解決していきます!

夏のバイク女子ファッション「これが正解」

夏にツーリングしたいバイク女子はどんなファッションをすべきでしょうか?

まずはNG例から紹介します。

こんな服装はNG

・Tシャツ&短パン

「Tシャツと短パンってだめなの?涼しそうだけど」と思われるかもしれません。

実際、炎天下の街で見かけるライダーには、半そでとハーフパンツ、クロックスで颯爽と乗っている人をけっこう見かけます。

一見すると涼しそうですが、これって「直射日光が肌に当たり続けると逆に暑くなる」という悪循環なんですよね。

女性の場合、日焼け止めを塗っていても素肌を日にさらすことは避けたいですし、日焼けしなくてもじりじりと焦げるような暑さはかなりの苦痛をともないます。

あとで紹介するインナーや夏用のジャケットなど、必ず長袖を着用しましょう。

・サンダルや浅いスニーカー

スクータータイプのバイクに乗っている人はサンダルやクロックスを履いていることも多いですよね。

当たり前ですが、マニュアル車のサンダル操作は危険ですので絶対にやめましょう。

また、浅いスニーカーを履いて足首を出しているライダーも見かけます。

バイクに乗るには足首を必ず保護しておきたいところ。

街で見かけるライダーの良くない部分を反面教師にすると、あなたのライダーレベルもアップしますよ。

こんな服装はOK

それでは、バイク女子が夏のツーリングに用意すべき服装や装備をまとめます。

・冷感インナー

冷感インナーは汗をかくとひんやり冷たく感じる素材でできたインナーで、速乾性に優れているのが特徴。

長袖のシャツタイプや腕だけのタイプ、レギンスタイプやネックガードタイプなど、体のパーツごとに多数種類があります。

汗ぐっちょりの不快感から解放され、走行中の風で涼しさも感じられるので、夏場のツーリングで冷感インナーは欠かせません。

・メッシュ素材のジャケット

女性向けの夏用のライダースジャケットはある程度種類が限られてしまいますが、おすすめしたいのは「メッシュ素材」であること。

筆者も春夏兼用のジャケットや夏専用のメッシュジャケットを着てみたことがあります。

初夏であれば春夏兼用でなんとか。

ただやはり、真夏の炎天下では完全メッシュの方がいいですね。涼しさが圧倒的に違います。

春夏兼用のジャケットはジッパーで開閉できるベンチレーション(風の通り道)付きだとより快適に走れます。

寒くなったら閉め、暑くなったら開ける、という感じですね。

さらに夏専用のライダースジャケットでは、「エアインテーク」と呼ばれる空気の取り入れ口がついているタイプだとなお良し。

この辺は好みも分かれるので、気に入ったデザインのジャケットの通気性を確認してください。

・プロテクター

夏専用のジャケットは素材が薄手な分、強度が少し弱くなるという欠点もあります。

別売りで胸部パッドや肘パッドがあれば購入しておいて損はありません。

ファッション性は少し落ちてしまうかもしれませんが、不安な女性は胸部のプロテクターを別途に装備するのもアリ。

・サングラスかミラーシールド

まぶしさよけにサングラスをかけるかシールドをミラータイプに替えるといった方法があります。

ライダー向きサングラスは大きく分けて2種類あり、

・偏光サングラス

・調光サングラス

と言います。名前は似ていますが性質は全然違うもの。

偏光サングラスは路面からの照り返しを防ぐので、ライダーにはかなりおすすめ。

調光サングラスは、明るさや紫外線の強さに応じてレンズの色が濃くなり、室内に入ると透明に戻るサングラス。

偏光も調光も一長一短あるので、購入を考えているならよく考えてみましょう。

一方で、ヘルメットのシールドごと替えちゃう!という方法もあります。

ミラーシールドだとまぶしさ軽減のほか、「見た目がめっちゃカッコよくなる」というメリットがありますね。

女性ライダーだってカッコよく見られたいもの。ミラーシールドはおしゃれファッションアイテムと言えるでしょう。

ただし夜間はまるで役に立たなくなるので、替えのシールドを常備するのがめんどうなら、暗くなる前に帰るようにします。

バイク女子あるある「夏ならではの悩み」

男性にはわからない、バイク女子ならではの悩みもあります。

・レディース用品が少ない

増えてきているとはいえ、大手のバイク用品店でもレディース用品は非常に少ない!

女性ライダーは男性ライダーより美意識が高いので、せっかくなら「カッコ可愛くバイクに乗りたい!」と思っている人が多いのです。

しかしながら、そもそも選べる種類が少ない。これはつらい。

限られた中で気に入ったものを選ぶしかなく、たとえ気に入らなくても選ばざるを得ないのです。

・ブランドがかぶる

女性ライダー向けのブランドが少ないのでブランドかぶりするのが悲しいところ。

街角やツーリング先で見かけるバイク女子は、だれもかれもがどこかで見たようなロゴ入りのジャケットを着ています。

オリジナリティを出そうにもレディース用品の絶対数が少ないので、ある程度は仕方ないかもしれませんね。

今後のレディース用品の拡大に期待しましょう。

・メイクがぐちゃぐちゃになる

夏のヘルメット内は地獄絵図。

高速道路を走っている分には爽快感もありますが、下道の渋滞や信号待ちで「無風」状態になるともうだめ。

汗はとどまるところを知らず流れ続けます。

大量の汗とヘルメットの脱着で、ばっちりメイクはどろどろメイクになるでしょう。

解決策としては、

・汗に強いコスメを使ったアイメイクだけしっかりする

など。

UVカット下地はラメ入りのものや青みの色合いのものを選ぶと、ほてった素肌の透明感をアップできますよ。

・髪がべったりになる

ヘルメットをとると汗びっしょりで髪がべったりになってしまうのも夏の罠。

「バイクデートだから」「マスツーリングで男子が多いから」と思っても、おしゃれな髪形にしたいというヘアセットへの願望は捨てましょう。

ヘアセットはできなくとも、乱れた髪を見せないようにする解決策はあります。

・冷感インナーキャップを使う

・ヘルメットをとったらすぐに帽子をかぶる

・結べる長さの髪は結ぶ

など。

とくに冷感インナーキャップは

・汗を吸い取ってくれる

・涼しく感じられる

・髪型の乱れがわからない

ので、夏のツーリングには必須アイテムと言ってもいいですね。

進め、夏のバイク女子!

レディース用品が少ないとか、ちゃんとしたメイクができないとか、夏のツーリングにはバイク女子泣かせの悩みがいっぱい。

それでもみなさん工夫をしながらツーリングを楽しんでいますね。

ちょっと妥協しなきゃいけないところはあるけれど、できるだけ自分らしく、無理をしないで、時には失敗すら笑い話にして。

ぜひ夏のファッションでさわやかに走りましょう!

この記事を書いた人

シーラカンスの道しるべ

ライター

必要な最低限のことがあれば生活できるゆるミニマリスト。
性格は真面目なせっかちさんです。
2022年、オランダ移住予定。
お仕事のご依頼はお問い合わせからどうぞ。
FP3級/世界遺産検定2級/医療系国家資格

URL:https://nanacey.work

-バイク関連記事
-, ,