バイク関連記事

厳選!快適性でツーリングに適しているバイク(クラス別)

ツーリングは人によって変わる

ツーリングはライダーによって変わってきます。

のんびりと景色を眺めたいのか、くねくねした山道を颯爽と走り抜けたいのか。

人によってバイクに求める楽しさというのも千差万別ということになります。

また、ツーリングの目的も変わってくるものなので、バイクに何を求めるのかも変わってきます。

最近では、キャンツーといってバイクでキャンプに行くという方も増えています。

バイクと言う乗り物は不便がゆえに、その不便をあえて求める楽しさがあります。

そんなツーリングですが、どのようなバイクが快適に使い勝手が良いのか様々な情報をもとにバイクをご紹介していきたいと思います。

今回は、快適性を重視したロングツーリングや宿泊ツーリングにも対応できるバイクを選んでみました。

※車両重量や装備などを考慮して厳選しました。

~250cc

カワサキ Versys 250(ヴェルシス)

ポイント

カワサキの人気のアドベンチャータイプで250ccクラスでありながら高出力を発揮できるバイクです。

やはりこのタイプのバイクは、積載性においても完璧で乗車ポジションも長時間乗っていても疲れにくいのがポイントではないでしょうか。

にわかにアドベンチャーバイクブームとなっている昨今、お値段はこのクラスにしては少し張るかもしれませんが、長く付き合えそうな相棒になること間違いなしです。

スズキ Vストローム 250

ポイント

こちらもアドベンチャータイプのバイクでは人気があるVストロームシリーズ。

車体自体は250クラスとは思えないほどの大きさですが、取り回しや乗車姿勢が楽なので初心者ライダーや女性にも人気のバイクとなっております。

標準で様々なツーリングに役立つ装備が充実しているので、コスパの良いバイクとしても知られています。

車体自体の値段も比較的抑えられており、荷物を積載するのが前提のバイクですのでキャンツーでは間違いなく活躍するバイクです

~400cc

スズキ バーグマン400

ポイント

バーグマンはスクーターの中でもメットインがかなり大きいことから積載性が評価を受けているバイクになります。

シート下を最大限まで使用しているメットインは、入れ方によってはフルフェイスが2つ入るくらいです。

さらに、400ccとは思えない良く回る定評のある高回転エンジンで高速道路でも快適に走行することが出来ます。

バーグマンならその加速力と走行性能を合わせて、他のバイクと引けを取らない積載性や性能からツーリングでも活躍するでしょう。

400cc~

ホンダ CB1300SB

ポイント

ネイキッドバイクの定番であるCB1300は、パニアケースもオプションで取り付けできるなど、ツーリング向けのバイクとしても人気があります。

走行性能は定評がある通りで、ネイキッドという快適なライディングポジションと余裕のあるエンジンでロングツーリングから街中まであらゆるシーンで乗りやすいバイクです。

車体の大きさや重量が重いこともあるが大型初心者ライダーでも扱いやすいバイクです。

ハーレー XL1200

ポイント

最後にご紹介するのは、ハーレーのスポーツスターファミリーのXL1200です。

スポーツスターファミリーはハーレーの中でも車両重要が軽いため、ツーリング先での取り回しも問題ありませんし、排気量が1200であればSSのようにキビキビした走りは出来ませんが高速道路では快適に走ることが出来ます。

ハーレーはカスタム性に優れているため、自分の快適なポジションに合わせてカスタムすることが出来ますし、荷台などのパーツもありますのでキャンツーに行くにもたくさん荷物を積めます。

何よりも足つき性が良いのが疲労軽減にもポイントではないでしょうか。

-バイク関連記事
-,