Harley Davidson バイク関連記事

[ハーレー スポーツスター] 883と1200の違いとは?

スポーツスターを購入しようとする方が迷うのが883ccと1200ccのどちらを選ぶかでしょう。

大は小を兼ねるという言葉がありますが、どちらにも排気量だけでない違いが出てきます。

ハーレーは元々アメリカの道路状況で設計されているバイクになります。

よって、日本の道路状況ではどちらが良いのかというのは乗り手であるライダーさんの判断になります。

日本の国産車で883ccと1200ccのバイクと言ったら、十分すぎる排気量があります。

ストップアンドゴーが激しい日本の道路では、大型バイクが性能を発揮出来るのは高速道路くらいでしょう。

そんなスポーツスターですが、どちらを選んだら良いのか悩むのも当然のことです。

ライダーの乗り方で見ていきましょう。

ツーリングメインの方

ツーリング、特に高速道路を使用してのツーリングに行かれる方であれば間違えなく1200を選んだほうが良いでしょう。

もちろん排気量が大きいということが大きな要因ですが、このわずか300cc違うだけでも高速道路では快適性がだいぶ変わってきます。

スポーツスターのレッドゾーンはだいたい6500rpmくらいです。

カスタム内容やセッティングによって変わりますが、883だと100キロ巡行だと3500rpm前後くらいになります。

その一方、1200の場合だと2900rpm前後ほどで走行することが出来ます。

スポーツスターは国産車とは違い、高回転まで回るエンジンではありませんので、わずか600rpmくらいの差でもエンジン音や振動などは大きな差が出てきます。

高速走行をするのであれば、大きい排気量を選んだほうが良いでしょう。

街乗りメインの方

街乗りがメインの方であれば883がおすすめです。

883といえど、大型バイクですのでそれなりのパワーはありますので、日本の交通状況では十分な加速を発揮出来ます。

それに、883の方が1200と比べてエンジンのストロークが長いためハーレーらしい鼓動感を感じることが出来ます。

ハーレーに乗る以上、鼓動感もしっかりと味わいたいという方もいるでしょう。

マフラーを社外品のものに交換したりと音を楽しむ乗り方もハーレーにはあります。

しっかりとしたハーレーらいし鼓動と排気音を出せるのはロングストロークの883の方が軍配が上がるでしょう。

なので、低速で走る機会が多い街乗りメインのライダーであれば883の方がおすすめになります。

-Harley Davidson, バイク関連記事
-