Harley Davidson

ハーレーのフォワコンってどおなの?

映画で外国人がハーレーを堂々と足を広げて乗りこなしている姿を見るとカッコよいですよね。

ハーレーは元々ミッドコントロールとフォワードコントロールの二種類のステップ位置があります。

これは車種によって違いますが、スポーツスターなどは純正の段階ではミッドコントロールです。

ミッドコントロールは、国産のネイキッドよりかはステップ位置がシートよりも前にありますが、足を伸ばせるほどではありません。

一方、フォワードコントロールは足を一直線に伸ばして乗れるような位置にステップがあります。

ほとんどの方のハーレーというイメージはフォワコンを真っ先に想像するのではないでしょうか。

この両者にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

フォワードコントロール

いわゆるフォワコンはステップ位置が車体の前方にあります。

それによって、足を真っすぐに投げ出せるといった姿勢で乗車することになります。

メリットとしては長時間クルージングでの快適性が一番でないでしょうか。

バイクは足を曲げて乗る姿勢がほとんどです。

長時間同じ姿勢でライディングを続けていると疲労感も溜まってしまします。

そのため、ライディング途中でも足を伸ばしたり曲げたりすることありますよね。

フォワコンの場合は足を伸ばして楽な姿勢でバイクにまたがっているので長時間でも比較的疲労が少ないというのが特徴です。

デメリットは、操作性が悪くなることです。

バイクはハンドルというより体重移動で曲がる乗り物です。

フォワコンは足による加重が出来なくなるのでカーブでの操作性が悪くなってしまいます。

乗り方に合ったステップ位置

自分がどのようにバイクを乗るかによってステップ位置を決めてみましょう。

ツーリングで長時間長距離を移動するという人はフォワコンがおすすめですし、山道などのカーブが多い場所を走る、都市部を走るといった操作性を求める走りをする人であればミッドコンがおすすめです。

また、フォワコンは足を真っすぐにすることから体格に恵まれていないと、足が十分に届かず余計に疲れる場合があります。

事前にフォワコンのバイクに跨って試してみることをおすすめします。

-Harley Davidson
-