Harley Davidson

100万円以下で買える中古のハーレーの車種は?購入ポイント含めて

ハーレーが高い理由

「ハーレーって高いよね。」「ハーレー一度は乗ってみたいな。」って思ったことがあるライダーはたくさんいらっしゃると思います。

実際にハーレー一部車種を除き、新車価格が100万・200万円以上するモデルがほとんどです。

家庭がある方や学生さんからしたらハーレーには憧れがあるけどそんな高いの買えないよって思いますよね。

だけど、一度くらいはハーレーは所有をしてみたいと諦められない方も少なからずいるでしょう。

そもそもハーレーの車体価格が高額な理由にはブランド力と輸送費のこの2つがあります。

まずブランド力とは、ハーレーは世界を代表するバイクメーカーであり、世界的にコアなファンが多いメーカーでもあります。

それにハーレーダビッドソンは自社のバイクのコストを下げて安く販売するという経営方針ではなく価格が高くても欲しい人は買ってくださいといったような方針を変えません。

よって、国産車のようにコスパを求めることはしないので新車価格が高くなっているのです。

2つ目の輸送代は、ハーレーはすべて輸入によるものになりますので、どうしても輸送代が高くなってしまうのです。

日本にはハーレーを生産する工場はなく、一部のモデルを除いてはすべてアメリカで生産されています。

ハーレーダビッドソン自身も「ハーレーはアメリカ生れのバイクメーカーである」という誇りからアメリカでの生産を変えません。

ハーレーはアメリカを代表する生産品の一つでもありますし、某アメリカ大統領もハーレーの輸出を制限するなどと発言したこともあります。

逆に日本の国産バイクは、海外の工場で生産されているものが多いです。

これは、人件費や世界への輸出など様々な理由から外国で生産する方が効率的であるからなのです。

これらの理由から日本で販売されるハーレーはどうしても値段が高くなってしまいます。

100万円以下で中古市場に出回るモデル

新車ではなかなか手が出せないよという方は中古を検討するのをオススメします。

中古は嫌だという方は新車を購入するしかありませんが、気にならない方であれば中古でもかなり状態が良い物が多いのです。

ハーレーは先ほど説明した通り、新車価格は軽自動車と同じもしくはそれ以上の値段がします。

新車を購入する方は、予算に余裕がある方が多く見られます。

そんな方々が少し乗っただけで売りに出す場合も多くなっています。

ハーレーは乗り味や不満などは所有してみないとわかりません。

実際に所有してみてちょっと違うなと感じた方はすぐに手放してしまうケースが多くあります。

逆に一度気に入ってしまうと長く乗り続けるという方も多くいます。

そして、ハーレーはカスタム性に優れているため、こだわりの一台を作り上げるライダーが多く、とてもバイクを大事にするので中古市場でも状態が良い物がかなり多く出回っています。

肝心の低価格で購入できるモデルを見てみましょう。

・XG750
・XL883L
・XL883R
・XL1200c
・XL1200L
・XL1200N
・ローライダー
・ヘリテイジ
など

100万円以下で購入できる車種はほとんどがスポーツスターファミリーが多いのがわかります。

もちろんこれらも年式や走行距離によって値段も上下してきます。

スポスタの他にも市場に出回っている台数が多いローライダーやヘリテイジが比較的低価格で売りに出されている傾向もあります。

100万円となると国産中古バイクでもそこそこ良い物が見つかりますが、ハーレーだと車種が限られてしまうんです。

それほどハーレーはブランド力があり、逆にリセール力もあるということになります。

中古ハーレーを購入する際に見るポイント!

それでは中古でハーレーを購入する際のポイントを見ておきましょう。

スポーツスターファミリーに関しては、新車価格が安いので100万円以下でも良い物がたくさんあります。

さび具合を見る

ハーレーに限ったことではありませんが、さび具合でそのバイクがどのような環境で保管されていたのかがわかります。

ハーレーは元々雨の少ないアメリカの環境に合わせて設計されています。

国産車は細かいネジの部分まで防錆加工されていますが、ハーレーは防錆をする必要がない環境に合わせているので細かい部分が錆びやすくなっています。

バイクの状態を見れば前のオーナーがそのバイクを大切にしていたのかが一目瞭然です。

購入する際は雨の影響を受けやすいネジ部分を見てみましょう。

年式と走行距離は多くても大丈夫

バイク選びで年式と走行距離は選ぶポイントの一つになります。

ハーレーの場合ですと、年式と走行距離は新しくて少ないものが良いというわけではありません。

ハーレーは正直、国産バイクほど優等生なバイクではありませんので、日頃からのメンテナンスが重要になります。

よくエンジンからオイルが浸みるということが起きますが、ハーレー乗りからしたら許容範囲でありますし、ディーラーでも多少は問題なしと判断される場合もあります。

走行距離が多くても調子が良く綺麗なハーレーはオーナーさんがこまめにメンテナンスをしていた証拠なのです。

筆者自身ハーレーを所有しており、何年間もハーレーだけを乗り続けています。

ハーレーライダーは自分のハーレーをとても大切にしている人がかなり多いと感じました。

なので中古で販売されている車両で走行距離が多くても、しっかりとメンテンナンスされているハーレーならば多少値段も下がっていますしコスパが良いと言えるでしょう。

100万円以下で購入できるハーレーは車種が限られてきますが、ポイントとしては走行距離など関係なしにしっかりとメンテナンスされてるハーレーを選ぶことになります。

-Harley Davidson
-,