Harley Davidson

ハーレーダビッドソンの値段(中古購入価格)が安いおすすめ車種ランキング!

2021年12月段階

【第7位】FLSTC ヘリテイジソフテイルクラシック

引用:バージンハーレー

【中古平均相場】140万~190万

ヘリテイジは、車体も程よい大きさで積載性も優れていることから、ロングツーリングでもこなしてくれる人気モデルになります。

カスタムパーツも豊富で車体の玉数も多いので、市場にはかなり出回っている車種になります。

ソフテイルといえばクラシックというほど、今でもコアなファンには人気がある車種です。

ワンタッチで取り外しの出来るシールドやサイドバッグはユーザーの使い方に合わせて調整できるのが便利です。

価格自体もその玉数の多さから、一定の値段を保っているイメージがあります。

現在生産されているモデルではありませんので、年式に応じた値段設定になっています。

 

【第6位】FXD・FXDC スーパーグライド・カスタム

引用:バージンハーレー

【中古平均相場】120万〜170万

スーパーグライドはダイナファミリーの中でもそれほど人気がある車種ではありませんでしたが、乗りやすさや足付き性の良さから知る人ぞ知る名車になります。

某女性ユーチューバーの愛車とも知られている通り、女性でも扱えるバイクになっております。

とは言っても、車両重量は300キロオーバーのバイクなので、それなりにどっしりとした車体になっています。

玉数が少ないため、カスタムパーツもそれほど多くはありませんが、ダイナのパーツを一部流用することが出来るのでカスタムに困ることはあまりないでしょう。

市場にもそれほど数が出回っていない車種になりますが、人気車種の部類に入らないので価格は据え置きな状況があります。

【第5位】FXDL ローライダー

引用:バージンハーレー

【中古平均相場】110万~160万

 

ローライダーは、ダイナファミリーでも一番の人気を誇るバイクで生産台数が多いことから日本でもかなりの数が市場に出回っている車種になります。

カスタム性も申し分なく、カラーバリエーションも年式によって様々なタイプがありますので、自分好みのカラータイプが見つかるかも知れません。

長い歴史を持っているローライダーは、幅広い年式があることと玉数の多さから年式によっては100万円以下で購入するものもありますが、大幅な価格変動が起きている車種ではないので、140万前後でも上質な車種が売りに出されている状況があります。

最近ではダイナファミリーがカタログから姿を消してしまい、ソフテイルファミリーに組み込まれてしまいましたが、まだまだ人気がある車種ですので在庫があるうちに手に入れておきたい車種です。

【第4位】XL1200C カスタム

引用:バージンハーレー

【中古平均相場】110万~160万

特徴的な分厚いフロントタイヤがインパクトのある1200cカスタム。

1200シリーズの中でもフォーティーエイトとこのモデルは比較的最近まで生産がされていたバイクになります。

そのため中古市場でも車体の状態が良く外装が綺麗な低走行のものが販売されています。

1200シリーズでは、XL1200Xフォーティーエイトが圧倒的な人気を誇っているため、アメリカンらしい大きなフロントタイヤが持ち味のカスタムは陰に隠れてしまっています。

スポーツスターはカスタムパーツが多いので、自分好みのバイクを作り上げることが出来るのも魅力の一つです。

オールドルックな「ハーレーダビッドソン」のエンブレムが渋くて格好良い車種になります。

【第3位】XL1200L ロー

引用:バージンハーレー

【中古平均相場】100万~140万

 XL1200Lは、少しローダウン使用になっているスポーツスターモデルになっています。

883シリーズにもスーパーローがあり、1200ccという国産車からすると大排気量ですが足つきの良さや取り回しのしやすさから女性でも乗りこなすことが出来る車種になっています。

生産自体が2011年頃を最後に終了していますが、中古市場では走行距離が少なく状態が良い車両が販売されていることがあります。

相場は、年式が古いのと希少車種ではないので大きな変動をすることもなく、1200シリーズではお求めやすいモデルではないでしょうか。

【第2位】XL883L スーパーロー

引用:バージンハーレー

【中古平均相場】85万~110万

 883のスーパーローは、若干のローダウンを施しているモデルのためとても足つきが良く女性でも安心して乗車出来るハーレーの一つになります。

他の883とエンジン性能等は変わりはありませんが、カラースタイリングなどの原因から今一つ人気が出ない感じがあります。

883に関しては、現行モデルも合わせて圧倒的に883Nアイアンの人気があることから、スーパーローは陰に隠れる存在になってしまいました。

生産台数も多いので中古市場でも玉数は比較的多いのですが、アイアンの人気に押されて相場の変動が大きくならないので少し前の年式であれば100万円以下で購入できるのも見つかるでしょう。

【第1位】XG750 ストリート750

引用:バージンハーレー

【中古平均相場】 70万~90万

ストリートは、ハーレー史上でも珍しい750ccクラスの水冷エンジンのバイクになります。

その歴史はまだ浅く、ハーレーらしさが失われたバイクのように見えますが、とても乗りやすいバイクで一部の教習所では使用されているバイクになっています。

水冷エンジンといえども、意外にハーレーらしい鼓動は残しつつ、女性にも初心者にも優しいバイクといったハーレーのイメージを一新した画期的なバイクになっています。

現行車両で新車価格が100万円を切るという良心的な値段と、しっかりとハーレーらしさを残したフィーリングでお求めやすいのではないでしょうか。

-Harley Davidson
-,