未分類

今注目のホンダGB350。なぜ話題になるのか

ホンダが新たなバイクの領域に達した。

それがGB350というバイク。

アシストスリッパークラッチやトラクションコントロールなど最新技術がどんどんと繰り広げられているバイク業界において、あえて時代をさかのぼるスタイルのバイクを作り上げた。

ここ最近ではレブルが爆発的な人気を誇っており、これもあえてクルーザースタイルで勝負をしてきた。

これまでもホンダといえば万人に受ける優秀なバイクを世に出してきているが、あえて路線を変更したようなバイクを作り上げたところに注目していきたい。

どこか懐かしい外観

出典:HondaGo

GB350を見ればひと目でわかるようにどこか懐かしいような外観をしている。

一言でいうならばクラシカルという言葉が似合うのではないでしょうか。

クラシックスタイルのバイクといえばヤマハのSRが一昔前から人気があり、最近ではカワサキがW800を出している。

今なぜこのクラシックバイクが再沸騰しているのか。

そこにはリターンライダーブームというかつてのバイク乗りが抵抗なく乗れるバイクに需要が出ているからというのも、一つの要因なのではないでしょうか。

1980、90年代の2ストロークバイクブーム世代が子育てや家計的に余裕が生まれる時代になっている。

その世代が再度バイクに跨るというリターンライダーを迎えるバイクがGB350とも捉えられる。

マシン性能

出典:HondaGo

価格帯は新車で約55万円の低価格で抑えられている。

これは250ccクラスの新車価格と同じくらいです。

そして350ccという今では珍しい中途半端に感じる排気量に注目してほしい。

この時代にこの排気量のバイクを出すということは、かつての旧車を再現するかのように感じることが出来る。

まさにかつての名車を知っている年齢層をターゲットにしているのではないだろうか。

そしてクラシックバイクの伝統を引き継ぐ空冷を採用している。

単気筒の乗り味も大切にしているような感じがこのGB350というバイクから印象を受けることが出来ます。

しかし、時代をさかのぼるといっても装備は、スリッパークラッチやトラコンなどの最新装備が搭載されていてこの価格はホンダの意地を見せてくれています。

GBの主な用途は?

公式発表では、20馬力と非力な印象を受けますが、このバイクは走行性能を追求するバイクではないことは感じることが出来ます。

もちろん見た目通り、コーナーを攻めるバイクでもありませんし、悪路を走行するバイクでもありません。

バイクと言う乗り物をじっくりと楽しむバイクなのではないだろうか。

クラシックバイクは、街乗りをメインとした使い勝手の良いバイクというイメージがあります。

まさに、街乗りをメインで走るにはちょうど良いバイクなのではないでしょうか。

もちろんツーリングでも景色を楽しみながらゆっくりとしたツーリングをするのに向いていると言えるでしょう。

このバイクは、スピードやコーナーを追求するようなライダーではなく、ある程度色々なバイクを乗り継いできたライダーやこれからバイクの世界に足を踏み入れた初心者ライダーに適しているでしょう。

楽しさはどこにある?

出典:HondaGo

空冷単気筒バイクとだけあって、アクセルをふかしたときのエンジンフィーリングがよく、排気音も乗っていて楽しくさせてくれるものがあるでしょう。

この手のバイクは、高速よりも低速でトコトコとゆっくり走ることに楽しさがあります。

さらに、ロングストロークということもあり、ハーレーほどではありませんがしっかりとトルクを感じることが出来るエンジンになっています。

つまり街乗りでの走行に楽しさがあることになります。

空冷エンジンということもあり、夏場の発熱には注意が必要ですが、若干渋滞したノロノロ運転も大型スポーツバイクのようなストレスはないでしょう。

まさに都心での走行にはもってこいのマシンではないでしょうか。

-未分類
-